2012年05月20日

交通事故のむち打ちの治療期間


交通事故被害にあってむち打ちになってしまった場合、
一般的には3ヶ月程度で完治するといわれています。

これは、嘘ではありませんが、
正確な情報ということはできません。


むち打ちは症状よって
頚椎捻挫型、自律神経障害型、
神経根損傷型、脊髄損傷型
に分類することができます。


交通事故のむち打ちでは、頚椎捻挫型が多くなっており、
主に筋肉の炎症などが症状として表れるため、
3ヶ月程度で治ることが多いでしょう。


しかしながら、自律神経障害型、神経根損傷型、
脊髄損傷型のむち打ち
では、
神経に傷を負ってしまうため、
治療から3ヶ月を経過したあとでも、
後遺症が残ってしまうことがある
のです。


ほとんどの保険会社では、
交通事故から3ヵ月後に示談を成立させていますが、
注意しなければならないのは、
示談成立後は追加で示談金を請求することができない
ということです。


したがって、むち打ちになった際には、示談の誓約書に、
後遺症が表れた場合は追加で示談金を請求できる旨を
記載しておくことをおすすめします。


詳しくは損害賠償・示談交渉プログラムをご参考ください。

posted by 交通事故.com at 16:10| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち(頚椎捻挫) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

交通事故でむち打ちになった場合


交通事故で被害にあった方に最も表れやすい症状が、
むち打ちです。

交通事故でむち打ちになった場合
その日のうちに症状が現れることはほとんどなく、
翌日から徐々に色んな症状が表れてきます


むち打ちの良くある症状としてあげられるのは、
首筋や背中、肩のこりや痛み、耳鳴り、頭痛、
めまい、吐き気、食欲不振です。


また、むち打ちには頚椎捻挫型自律神経障害型
神経根損傷型脊髄損傷型があり、
症状によって分類されています。


頚椎捻挫型のむち打ちでは首の筋肉の痛みなど、

自律神経障害型のむち打ちでは肩こりや頭痛、
吐き気、耳鳴りなど、

神経根損傷型のむち打ちでは腕の強烈な痛み、

脊髄損傷型のむち打ちでは手足などに麻痺症状が表れます。


放っておくと悪化する場合もありますので、
交通事故でむち打ちになったら
できるだけ早めに病院で治療を受けてください。


また、慰謝料示談金の請求は、
症状が治ってから行うようにしましょう。


交通事故のむち打ちについては、

 交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる
 損害賠償・示談交渉プログラム


で詳しく解説していますので、
参考にしてはいかがでしょうか。

posted by 交通事故.com at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | むち打ち(頚椎捻挫) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月06日

むち打ちで大幅な慰謝料UPを!!


あなたが交通事故に遭い、むち打ち症などに苦しんでいて、
その上、保険会社との示談交渉で悩んでいる被害者ならば・・・



交通事故に遭い、むち打ちで苦しみながら、

ごく普通のサラリーマンが保険会社とたった一人で交渉の上、
一方的な治療打ち切りを跳ねのけ、1年もの間治療を続け、

その後も内払い金を受給しそれで治療に専念しつつ、

以後ややこしい保険会社とは一切交渉せずに

後遺障害14級労災でも12級)を勝ち取り、
総額7,119,688円もの慰謝料を受取ったノウハウのすべてを

あなたにお伝えします!


まずは、論より証拠。コチラをご覧ください。

  >> 正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術


7,119,688円は、
保険会社の提示額に対して13倍もの増額です。

このマニュアルがなければ、ここまでの増額はありえませんでした。

もともと保険会社からの提示示談金は52万円でしたので、
軽く1桁は違うわけです。


あなたなら、

保険会社が提示する僅かな示談金を、素直に受取りますか?
それとも、適正な示談金を受取りますか?



すでに起きてしまった交通事故は、消し去ることはできません。

交通事故で被害を被り、さらに賠償金で損をしてしまったのでは
二重の被害です。


交通事故の被害者は、自ら知識を得て、
被害を補するのに相当な賠償金を獲得するように努力しましょう。

このマニュアルは、あなたの大きな味方となるでしょう。

  >> 正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術


このマニュアルをご覧になるかならないかで、
あなたが手にする慰謝料は大きく変わるでしょう。


それだけではなく、

頭を悩ませ、ストレスの原因になっている
「保険会社との示談交渉」からも解放されることでしょう。


大切なことなので繰り返しますが…


これを知った上で示談交渉に臨むのと臨まないのでは、
大きな違いが出てきます。

本当にあなたが受け取る慰謝料が1桁変わってきます。
これは、私の経験がいい例でしょう。


今後も治療を続けるのであれば、治療費がかさみます。
事故による受傷で、これまでも相当な辛い思いをしてきたことでしょう。

それらは、あなたの正当な権利として慰謝料を受け取るべきなのです。


保険会社からは、52万円しか払えないと言われた。
52万円と711万円、あなたはどっちが正当な金額だと思いますか?



知識がないばかりに、損をする。
そういうことは、世の中にはよくあることです。

しかしあなたはこのメッセージをご覧になりました。


損をしないためにも、

すでに多くの方が入手し、示談交渉に臨まれ、
そして、正当な慰謝料をしっかり主張し、

保険会社が提示した不当なまでの僅かな示談金から
何倍、何十倍もの大幅な増額を勝ち取っている方法
を、

あなたも手にしてみませんか?


これ以上、あれこれと
保険会社との示談交渉に悩まされることはありません。

このマニュアルの知識を持つことが、
保険会社に対抗する大きな力になることでしょう。


あとは安心して治療に専念して下さい。

  >> 正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術

posted by 交通事故.com at 15:30| Comment(35) | TrackBack(0) | むち打ち(頚椎捻挫) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術】



>> 【示談交渉・慰謝料獲得ノウハウ】はコチラをクリック!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。