2012年06月23日

交通事故の示談交渉後における逸失利益


交通事故の示談交渉後における逸失利益とは


交通事故の示談交渉後には、
後遺症が発症することが多々あります。

後遺症のせいで、それまでの仕事を続けることが
困難になる場合もあるでしょう。


逸失利益とは、仕事などで本来得るはずであった利益が
得られなくなるということです。

もちろん、交通事故後の障害の程度にも寄りますので、
後遺症で何らかの障害が表れた場合は、
等級を取得したほうが良いでしょう。


等級を取得するには、医師から診断書を発行してもらい、
自動車保険料算定会で判断してもらいます。

すべて医師の発行する診断書で判断されますので、
自分が希望する等級にならないこともありますので、
覚えておきましょう。


ちなみに、等級を取得すれば、
生活を助けるための補助を受けられることもあります。


交通事故の示談交渉後における逸失利益については、

交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる
損害賠償・示談交渉プログラム


で詳しく、かつ分かりやすく解説していますので、
参考にしてみてはいかがでしょうか。

posted by 交通事故.com at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 逸失利益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術】



>> 【示談交渉・慰謝料獲得ノウハウ】はコチラをクリック!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。