2012年06月11日

交通事故の損害賠償を請求できる人


交通事故の損害賠償を請求できる人について


交通事故で被害を受けた場合は、
損害賠償などを請求します。

損害賠償を請求できる人間は、
基本的には交通事故で被害を受けた本人となっています。


しかしながら、軽いむち打ちなどでは
被害者本人が直接損害賠償を請求することも
できますが、重症の場合は被害者本人
請求することは難しいでしょう。

そのような場合では、弁護士などの代理人が
かわりに損害賠償を請求することが可能です。


また、弁護士などに依頼しない場合は、
被害者の親権者や遺族が代理で
請求することもできますので、覚えておきましょう。


ちなみに、状況によっては血縁関係がなく、
内縁関係だけの方でも請求できる場合が
ありますので、頭に入れておいてください。


ただし、むち打ちなどの軽い症状の場合は、
必ず被害者本人損害賠償を請求するようにしましょう。


詳しくは、

交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる
損害賠償・示談交渉プログラム


で分かりやすく解説していますので、
参考にしてみてはいかがでしょうか。

posted by 交通事故.com at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通事故の損害賠償請求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術】



>> 【示談交渉・慰謝料獲得ノウハウ】はコチラをクリック!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。