2009年11月08日

損害賠償請求の相手先の範囲



交通事故による被害者が、損害賠償金を請求出来る相手先が、
加害者の一人のみとすると、万が一加害者が無一文であった場合には
泣き寝入りせざるを得なくなってしまいます


そこで、損害賠償金を請求出来る範囲を拡大して規定したものが、
「自動車損害賠償保障法」(「自賠法」)という法律で、
以下のように定められています。


【損害賠償責任を負う者】


1.運行供用者


事故車を現実に支配していた者を運行供用者といいます。

具体的には、例えばタクシーが歩行者をはねてしまった場合は、
タクシーを所有しているタクシー会社が
運行供用者となり責任を負うことになります。


2.事故車両の運転手


運転手が責任を負うのは当然ですが、
車の持ち主と運転をしていた人が違う場合は扱いが異なります。

少し難しい話になってしまいますが、
運転手は不法行為者として過失責任を問われますが、
被害者の過失が大きい場合には不法行為責任が成立しないことがあります。

この場合に、車の持ち主が違う場合は、
持ち主に対して無過失責任に近い1番の運行供用者責任を
追及する事が出来ますので、幅が広がります。


3.使用者


会社の従業員が事故を起こして他人に損害を与えた時は、
使用者(会社)が責任を負います。

細かい話にはなりますが、会社は人身事故の場合は、
1番の運行供用者として責任を負い、
物損事故の場合は、使用者として責任を負います。


4.特殊責任者


使用者(会社)に責任を追及出来る場合に、
肝心の会社が倒産してしまったような時に、
その会社の社長個人に対して責任を追及することが出来るという規定です。

知っておくとイザと言うときに役立つ可能性があります。



posted by 交通事故.com at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通事故の損害賠償請求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

【正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術】



>> 【示談交渉・慰謝料獲得ノウハウ】はコチラをクリック!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。