2012年06月28日

交通事故の損害賠償請求


交通事故の損害賠償請求について


交通事故で怪我を負わされた場合、
損害賠償請求を行使することができます。

損害賠償の請求方法には、
慰謝料として請求する方法と、
示談交渉を行なう方法とがあります。


慰謝料を請求する場合保険会社や弁護士会で
金額の相場が決まっていますが、
示談金の場合は金額が特に決まっていません。

ただし、示談金の内容については、
どのような交通事故の場合でも変わりありませんので、
相場があるといって良いでしょう。


しかしながら、最近では慰謝料示談交渉を利用して、
悪事を働くような人がいるのも事実です。

悪事とはいえないまでも、
不当な請求をしてくる人もいますので、被害者側も
正しい知識を身につけておくことをおすすめします。

示談交渉の際も、
正しい知識を身につけていれば何かと役に立つでしょう。


交通事故における慰謝料や示談交渉については、

交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる
損害賠償・示談交渉プログラム


で詳しく解説していますので、
知識の習得に利用してみてはいかがでしょうか。

posted by 交通事故.com at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 交通事故の損害賠償請求 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月25日

交通事故の慰謝料の内容


交通事故の慰謝料の内容


交通事故の慰謝料については以前にお話した通りですが、
請求する際には、慰謝料のほかにも治療費用入院雑費
通院費休業損害を含めて、金額を算出しなければなりません。


つまり、一般的に交通事故の慰謝料といえば、
治療費用入院雑費通院費休業損害もプラスした
金額になりますので、頭に入れておきましょう。


ちなみに、保険業界と弁護士業界とで
交通事故の慰謝料の計算方法が若干異なっている
ことを、
知っておいてください。


治療費用については、病院で支払った治療費はもちろん、
薬代なども全額請求することができます。

ただし、領収書が必要となりますので、
なくさないように保管しておきましょう。


交通事故の慰謝料については、

交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる
損害賠償・示談交渉必勝プログラム


で詳しく解説してありますので、ぜひご活用ください。

posted by 交通事故.com at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 慰謝料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月23日

交通事故の示談交渉後における逸失利益


交通事故の示談交渉後における逸失利益とは


交通事故の示談交渉後には、
後遺症が発症することが多々あります。

後遺症のせいで、それまでの仕事を続けることが
困難になる場合もあるでしょう。


逸失利益とは、仕事などで本来得るはずであった利益が
得られなくなるということです。

もちろん、交通事故後の障害の程度にも寄りますので、
後遺症で何らかの障害が表れた場合は、
等級を取得したほうが良いでしょう。


等級を取得するには、医師から診断書を発行してもらい、
自動車保険料算定会で判断してもらいます。

すべて医師の発行する診断書で判断されますので、
自分が希望する等級にならないこともありますので、
覚えておきましょう。


ちなみに、等級を取得すれば、
生活を助けるための補助を受けられることもあります。


交通事故の示談交渉後における逸失利益については、

交通事故被害者の慰謝料を大幅アップさせる
損害賠償・示談交渉プログラム


で詳しく、かつ分かりやすく解説していますので、
参考にしてみてはいかがでしょうか。

posted by 交通事故.com at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 逸失利益 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【正当な慰謝料を勝ち取るための損害賠償・示談交渉術】



>> 【示談交渉・慰謝料獲得ノウハウ】はコチラをクリック!

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。